ウチコム の プロジェクト の dirsmtp

dirsmtpとは

簡単なSMTPサーバー.
メモリのみでも動作します。
JUnit等のテストクラスで使用可能です。
サーバーからのメール受信にのみ対応しています.
dirpop3と一緒に使用します.
他サーバーから転送されてくるメールを各ユーザーディレクトリに保存しています.

License

Download

ソースコード

免責事項

本プログラム(dirsmtp)を使用した事によるいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。

使用方法

main実行クラス

com.uchicom.dirsmtp.SingleSmtpServer
シングルスレッドで1度に接続できるのは1接続だけです.
com.uchicom.dirsmtp.MultiSmtpServer
マルチスレッドで接続が発生する度にスレッド新規作成しています.
com.uchicom.dirsmtp.PoolSmtpServer
マルチスレッドでスレッドプールを使用します.プール数についてはmain実行時にパラメータで渡します.

main引数

  1. -dir メール保存ベースディレクトリパス
  2. -host メールサーバーホスト名
  3. -port 接続待ちうけポート番号
  4. -back 接続待ち数
  5. -pool プール数 ※PoolSmtpServerのみ使用
  6. -memory user1,user2,user3 メモリ起動

コマンド実行例

java -cp dirsmtp.jar com.uchicom.dirsmtp.PoolSmtpServer -dir maildir -host uchicom.com -port 25 -back 10 -pool 10

サーバー設定

  1. dirpop3のサーバー設定を実施する.
  2. dirpop3のサーバー設定で作成したベースディレクトリをコマンド引数に指定して実行します.

ディレクトリ構成

ベースディレクトリ(maildir)
├ユーザーディレクトリ(user1)
│ ├pass.txt(パスワードファイル)
│ ├メールファイル1
│ ├メールファイル2
│ ├    :
├ユーザーディレクトリ(user2)
│ ├pass.txt(パスワードファイル)
│ ├メールファイル1
│ ├    :
├ユーザーディレクトリ(user3)
├    :

実装済SMTPコマンド一覧